【手根管症候群】からくる手の痛みやしびれ

こんにちは。

浪速区 難波にあるきっと整体院の高原です。

 

手や指にしびれを感じることはありませんか?

もしかしたらそれは、手根管症候群かもしれません。

 

手根管症候群は、正中神経が手首(手関節)にある手根管というトンネル内で圧迫された状態です。

それに手首(手関節)の運動が加わって手根管症候群は生じます。

手根管は手関節部にある手根骨と横手根靱帯(屈筋支帯)で囲まれた伸び縮みのできないトンネルで、その中を1本の正中神経と指を動かす9本の腱が滑膜性の腱鞘を伴って走行しています。

原因は、特発性というものが多く、原因不明とされています。

妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じるのが特徴です。

そのほか、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。

腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。

 

初期症状として人差し指、中指がしびれ、痛みがでますが、最終的には母指(親指)から薬指の親指側の3本半の指がしびれます(正中神経の支配領域)。

急性期には、このしびれ、痛みは明け方に強く、目を覚ますと手がしびれ、痛みます。

手を振ったり、指を曲げ伸ばしするとしびれや痛みは楽になります。

手のこわばり感もあります。

ひどくなると母指の付け根(母指球)がやせて親指と人差し指できれいな丸(OKサイン)ができなくなります。

縫い物がしづらくなり、細かいものがつまめなくなります。

初期症状が軽い場合、そのまま放置してしまうことが多いです。

しかし、放っておくといつの間にかそれが当たり前になってしまい、最悪の場合手術しか方法がなくなってしまいます。

そうなる前に治療することをお勧めします。

 

 

もし、手の痛みやしびれでお困りの方はご相談ください。

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから