【変形性膝関節症】の一般的な診断と治療

こんにちは。

難波にあるきっと整体院の高原です。

 

変形性膝関節症は、膝の関節の軟骨が摩擦などですり減ったために、ひざに強い痛みや水がたまる慢性的な病気です。

診察では、膝内側の圧痛の有無、関節の動く範囲、腫れ・痛み・変形があるかどうか、O脚でないかなどを触診でチェックされます。

その上でエックス線検査を行い、骨と骨の隙間が狭くなっていないか、骨が部分的に硬くなっていないか、骨の明らかな変形がないか、といった点を調べるのが一般的です。

ただし、初期ではエックス線検査で異常が見られないこともあるため、MRI検査でレントゲンには映らない半月板(太ももの骨とすねの骨の間にあり、ひざに負担をかかるのを防ぐクッションの役割を果たす)の損傷などを調べて、前段階の変形性膝関節症の診断につなげることもあります。

 

治療としては、初期には保存療法として運動療法や装具療法を行います。

症状が軽い場合は痛み止めの内服薬や外用薬を使ったり、膝関節内にヒアルロン酸の注射などをします。

また大腿四頭筋強化訓練、関節可動域改善訓練などの運動器リハビリテーションを行ったり、膝を温めたりする物理療法を行います。

足底板や膝装具を作成することもあります。

 

このような治療でも治らない場合は手術治療も検討します。

これには関節鏡(内視鏡)手術、高位脛骨骨切り術(骨を切って変形を矯正する)、人工膝関節置換術などがあります。

 

 

正しい歩き方を習慣づけると、お尻の筋肉である大臀筋と、股関節を閉じる働きを担っている筋肉である内転筋を鍛えられるので、ひざの痛みの予防になります。

また、大臀筋、内転筋、太ももの前の筋肉である大腿四頭筋を、簡単なストレッチで鍛えることも有効です。

 

さらに、正座やあぐらといったひざに負荷をかける座り方を避け、肥満であれば減量をすることも変形性膝関節症を防ぐために重要です。

 

 

もし、膝の痛みでお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の変形性膝関節症ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから