【水・体液】が不足すると脱水や健康障害が起こります

こんにちは。

浪速区 難波にあるきっと整体院の高原です。

 

人間の身体は、成人男性で体重の60%、新生児で約80%が「体液」とよばれる水分でできています。

 

尿、汗等の喪失量に見合う水分を適量摂取できれば、血漿浸透圧は一定に保たれますが、水分摂取量が不足すると血漿浸透圧が上昇し、のどが渇き、尿が濃縮されます。

 

水分の摂取量不足は、健康障害や重大な事故の大きなリスク要因の一つとなります。

 

のどの渇きは、体液の変化を知らせる重要なサインです。

のどの渇きには2種類あります。

 

ひとつは、汗をかくなどして身体の水分(体液)の量が足りなくなったときにおこるのどの渇き。

 

そしてもうひとつは、体液の濃度、つまり、水分とイオンのバランスがくずれたときにおこるのどの渇きです。

 

「のどが渇いたな」と思ったときには、すでに体内の水が不足しているという注意信号です。

 

では、実際に体内の水分が不足するとどんな健康障害があらわれるでしょうか。

 

 

体内の水分が2%失われるとのどの渇きを感じ、運動能力が低下しはじめます。

3%失われると、強いのどの渇き、ぼんやり、食欲不振などの症状がおこり、4~5%になると、疲労感や頭痛、めまいなどの脱水症状があらわれます。

そして、10%以上になると、死にいたることもあります。

 

人間にとって水分の摂取は、欠かすことができないとても大切なものなのです。

 

 

今のあなたの体水分量を知りたくありませんか?

きっと整体院には、高精度体成分分析装置があります。

 

もし、栄養状態を知りたいとお考えの方はご相談ください。

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから