【脊柱管狭窄症】の原因

こんにちは。

浪速区 難波にあるきっと整体院の高原です。

 

背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道を脊柱管といいます。

脊柱管狭窄とは、神経をおさめている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態です。

 

 

脊柱管狭窄症は主に、加齢によって靭帯や椎間板などが変性したり、脊椎すべり症などによって脊柱管が狭くなってしまうことで起こります。

 

靭帯や椎間板、骨の変性(劣化)は悪い姿勢や重いものを持つ仕事、激しいスポーツなど様々なことが原因になり得ると推測されていますが、直接の関連ははっきりとはわかっていません。

 

神経が圧迫される個所によって、主に三つに分類されます。

 

1.馬尾型(ばびがた)

脊柱管の中心部分が圧迫される場合。両側の下肢のしびれ感、痛み、冷感などの異常感覚、排尿障害(膀胱直腸障害)がおきます。

馬尾型のイラスト

 

2.神経根型(しんけいこんがた)

馬尾神経から分岐した後の神経根が圧迫される場合。臀部から下肢にかけての痛みが起きます。多くは片方の側に症状が起きます。

神経根型のイラスト

 

3.混合型(こんごうがた)

馬尾型と神経根型の両方の症状が起きます。

 

椎間板ヘルニアに比べ中高年に発症することが多いようです。

 

 

もし、腰の痛みや歩きづらさでお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の脊柱管狭窄症ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから