【脊柱管狭窄症】の治療

こんにちは。

難波にあるきっと整体院の高原です。

 

背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道を脊柱管といいます。

脊柱管狭窄とは、神経をおさめている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態です。

 

 

治療としては、画像検査の結果や症状の強さによって異なりますが、まずは保存療法(手術以外の治療)を行います。

・リハビリテーション

・コルセット

・神経ブロックや脊髄の神経の血行を良くする薬

などがあります。

 

希ですが排尿障害(尿漏れや尿の排出困難)、排便障害を起こしている場合は早急に手術治療を受ける必要があります。

また進行性の筋力低下を認める場合も、早めの手術治療を考慮されることがあります。

 

手術には、大きく分けて除圧術と固定術の2つの方法があります。

除圧手術は脊柱管を圧迫している骨や靭帯や椎間板を削り、脊柱管の圧迫を解除する方法です。

除圧手術の中でも、切開をして行う従来の方法と小さな傷から内視鏡を用いて脊柱管を広げる身体の負担が少ない手術方法があります。

内視鏡を用いた手術が現存するもっとも侵襲の少ない手術方法です。

 

固定術は、背骨にぐらつきがある場合やすべり症により背骨のずれが大きい場合、腰痛が強い場合に行われます。

固定術は、通常多くの場合大きく腰を切開する必要がありますが、近年は小さな傷で行う方法や、内視鏡を用いた身体の負担の少ない固定術も可能になっています。

日常生活での注意点として、姿勢を正しく保つ事が必要です。

神経の圧迫は腰をまっすぐに伸ばして立つと強くなり、前かがみになるとやわらぎますので、痛みが強い場合は歩く時には杖をついたり、シルバーカーを押して腰を少しかがめるようにしましょう。

また、自転車こぎも痛みが起こりにくいので、よい運動になります。

 

 

もし、腰の痛みや歩きづらさでお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の脊柱管狭窄症ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから