きっと整体院 難波院

 

【胸郭出口症候群】ってどんな病気?

【胸郭出口症候群】ってどんな病気?

こんにちは。

浪速区 難波にあるきっと整体院の高原です。

 

胸郭出口症候群は、上腕や肩への負担のかかる運動で神経や血管が障害を受けることにより、肩、腕、手の部位にしびれや痛み、冷感、時には動かしにくさの症状が表れる状態のことをいいます。

症状には,

・手のしびれや痛みによる握力の低下

・肩こり

・冷感

・細かい動作がしにくいなどの運動麻痺

・鎖骨下動脈が圧迫されると、上肢の血行が悪くなって腕は白っぽくなり、痛みが生じる

・鎖骨下静脈が圧迫されると、手・腕は静脈血のもどりが悪くなり青紫色になる

などがあります。

実際に、肩こりを感じて通院したことをきっかけに、胸郭出口症候群が見つかる人もいます。

症状が長く続き悪化していくと、自律神経系にも影響を与えるために頭痛や吐き気などの症状を訴える人もいます。

腕を上げたり肩を上げたりした際に、腕のしびれや脱力感を感じる場合でも胸郭出口症候群の可能性があります。

 

原因として、、生まれながらに鎖骨と第一肋骨の間を通る神経や血管のトンネルが狭いことが考えられます。

 

また、

・なで肩の女性や仕事で重い荷物を持つことの多い人

・無理な筋力トレーニングを行っている人

・手を高くあげるスポーツ(野球、バレーボール、テニス、バドミントンなど)を行っている人

に発症しやすい傾向にあります。

特に、20~30代の女性に発症しやすいのが特徴で、首回りや肩周りの外傷などが原因となり症状が表れることもあります。

 

睡眠時の姿勢を変えることや、日常生活における動きを正しく意識することが、痛みなどの症状軽減につながります。

 

 

もし、手の痛みやしびれでお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の胸郭出口症候群ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから