きっと整体院 井手口尚樹の紹介

はじめまして。きっと整体院の井手口尚樹です。

 

プロフィール

 

1997年 7月7日生まれ 宮崎県出身

2013年 3月 宮崎市立木花中学校卒業

2016年 3月 宮崎県立宮崎農業高等学校卒業

2016年 4月 近畿医療専門学校入学

2019年 3月 近畿医療専門学校卒業

2019年 4月 (株)幹 幹整体院に入社

2023年 12月〜 きっと整体院で勤務

 

学生時代の怪我で治療家の道へ

私が治療家になろうと思ったきっかけは、学生時代の怪我に悩まされ興味を持ちました。

 

 

私は学生時代にフルコンタクト空手をしており、肉離れや、腕の骨折、足首の捻挫など怪我が多く競技ができなくなってしまいました。

主に腰痛が酷く、近所の整骨院に通いましたが症状が良くなる事はありませんでした。

痛めて→整骨院通い。大好きだった空手も1年間見学してました。

その時はとても落ち込み、何をするでもやる気が出ませんでした。

 

その経験から私は、「自分の体はなぜ良くならないのか?」

「身体はどのような構造や仕組みになってるのか?」

と考え興味を持ちました。

さまざまな怪我で悩まされた事がきっかけで治療家の道を選びました。

治療家になってから


私は、名古屋の大型整体院の幹整体院(きっとのグループ院)に就職させていただき、約5年間、整体法とトレーニングなどを学ばせていただきました。

特に
・「足」からゆがみを治す整体をすることの大切さ
・「ゆがみを治すこと」と同時に「ゆがまない身体作り」の大切さ
・「お話をしっかり聴く」大切さ

などを学びました。

治療家になってから沢山の方のお役に立てる事にやりがいを感じてます。

身体が動かない、痛みがある状態だと「何もできない」「自分が好きな事 やりたい事ができない」などの辛さがあります。

やりたい事ができないことによってモチベーションなどが下がり気持ち的にもマイナスになる方も多いです。

私も学生時代の怪我で、同じ思いをしました。

 

体の痛みや不調で辛い思いをされている方を一人でも多く助けたい。

「多くの方の可能性を少しでも広げるお役に立ちたい」
「色々な事に挑戦できるようになりたい」と思っています。

皆様の健康を通して、身体づくりのお手伝いをさせてくだい。