モートン病でご来院されましたが・・・

こんにちわ。

難波のきっと整体院の高原です。

本日、整形外科で左足モートン病と診断された患者さんがご来院されました。

確かに、第3-4趾間と第4-5趾間に荷重時から踏み返し時に痛みがありました。

 

しかし、詳しく問診をしていくと、足関節捻挫の既往、ぎっくり腰を繰り返されているとのこと。

実際、立位姿勢を高精度姿勢分析装置で検査し、立位アライメント並びに臥位アライメントをみると、

疼痛回避姿勢をとられていて、歩行をみても左荷重ができず左右のバランスが崩れていました。

 

左腓骨筋の再教育と足部アーチのアライメント調整で姿勢は改善し、歩行時痛もなくなりました。

荷重のポイントが本来の位置に来るようにアライメント調整をして、筋の再教育を行うことで、

症状は改善します。

痛みが出ているところは結果であり、原因は必ずしもそこにあるとは限りません。

 

また、歩行時の荷重線が正常に近い状態で痛みなく日常生活を送ることで、今後痛みが出にくくなります。

 

もし、足の痛みでお困りの方はご相談ください。

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。