【副腎疲労】の治療

こんにちは。

浪速区 難波にあるきっと整体院の高原です。

 

最近疲れが取れないという方は、もしかしたら心の疲労や肉体の疲労だけではなく、内臓、特に『副腎』に疲労がたまっているのかもしれません。

 

副腎疲労の治療としては、症状が顕著な場合は、ホルモンそのものを補充することが必要になります。

 

この場合、副腎皮質ホルモンの一種であるDHEA(Dehydro-epiandrosterone)のみ、またはDHEAとヒドロコルチゾン(=コルチゾール。コルチゾンを体外から摂取する場合の名称)の両方が用いられます。

コルチゾールの不足が原因である場合には、これらのホルモンの補充によって即効的な効果が期待できます。

 

しかし、副腎ホルモンの補充は副腎疲労による症状を取るためには効果的ですが、副腎疲労そのものを治しているわけではありません。

 

副腎の機能を回復させ、自前のコルチゾールを十分に分泌できるようにするためには、『ホルモンの材料』つまり、『栄養』が必要です。

 

コルチゾールを合成するには、タン白質・ビタミンC・ビタミンB群(とくにB5)・亜鉛・ビタミンE・ビタミンAなどが必要です。

 

中でもとくに重要な栄養素は、ビタミンCです。
人体でもっともビタミンCの濃度が高い臓器は、脳と副腎で、これらの臓器はビタミンCをもっとも多く必要としている臓器と言えます。

人間は他の動物と違い、体内でビタミンCを合成できませんので、ストレスがかかるとコルチゾールを合成するために摂取したビタミンCが消費され、副腎のビタミンCが枯渇してしまいます。

 

その結果、コルチゾールの合成がうまくいかなくなってしまうのです。

 

ビタミンC以外にも、治療的なレベルのたんぱく質(プロテインやアミノ酸)、ビタミンB群、ビタミンE、亜鉛、ビタミンAなどが必要になります。

 

 

きっと整体院には、副腎疲労に効果の高い最新機器をご用意しています。

 

 

もし、副腎疲労でお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の副腎疲労ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから