【脊柱管狭窄症】の診断

こんにちは。

浪速区 難波にあるきっと整体院の高原です。

 

背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道を脊柱管といいます。

脊柱管狭窄とは、神経をおさめている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態です。

 

 

脊柱管狭窄症の診断は、単純X線(レントゲン)写真である程度は推測できますが、より詳しく診断するためにはMRIや脊髄造影などの検査が必要となります。

 

確定診断のために、神経根ブロック(神経のそばまで針を進めて行うブロック注射)や造影検査(造影剤を注射する検査)などの検査を追加して行うこともあります。

 

 

下肢の動脈がつまって血行障害を生じた時にも似たような症状がおこりますので、原因を正確に調べることが必要です。

 

 

もし、腰の痛みや歩きづらさでお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の脊柱管狭窄症ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから