【脊柱管狭窄症】とは?

こんにちは。

浪速区 難波にあるきっと整体院の高原です。

 

背骨の中を通る脊髄からの神経の通り道を脊柱管といいます。

脊柱管狭窄とは、神経をおさめている脊柱管の内面が、前からは椎間板・椎体後縁骨棘の突出、後ろからは黄色靭帯の肥厚、横からは椎間関節の棘で狭くなった状態です。

 

 

もっとも特徴的な症状は、歩行と休息を繰り返す間歇性跛行(かんけつせいはこう)です。

 

これは、神経および神経周辺の血管も圧迫されるため、脊柱管内で上下の自由移動ができず、数百m、数十m歩くと痛みやしびれで立ち止まり、休憩しなければ次の歩が進まない間歇跛行(かんけつはこう)が生じてきます。

しゃがんだり、前屈すると血管や神経の圧迫が開放されるため、再び少し動けるようになります。

 

進行すると、下肢の力が落ちたり、肛門周囲のほてりや尿の出がわるくなったり、逆に尿が漏れる事もあります。

 

 

もし、腰の痛みや歩きづらさでお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の脊柱管狭窄症ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから