【手根管症候群】の方がご来院

こんにちは。

難波にあるきっと整体院の高原です。

 

右手根管症候群と右母指のばね指を併発された、50代女性がご来院されました。

手や指をよく使うお仕事をされていて、2か月くらい前から力が入りにくく、動きも悪くなってきたことに気づいたとのことでした。

 

詳しく検査してみると、

手根管部(手首)に肥厚(硬くなっている)がみられ、滑走不全(滑りが悪く)を起こしていました。

しびれはあまりありませんでしたが、手首と母指の動きが悪くなっていました。

 

手根管症候群の原因は、特発性というものが多く、原因不明とされています。

今回のケースは、更年期によるホルモンバランスの乱れによるものではないかと考えられます。

 

施術は、まずRICセラサウンドで毛細血管を広げて、全身の循環を改善させます。

次に、ソーマダインのホルモンモードで患部に直接当てます。

その後、手関節の可動域を広げて、前腕・肘・肩・肩甲骨にアプローチします。

最後に、全身のアライメント調整をして姿勢改善し、日常生活動作指導をして終了。

 

施術後、手首と母指の可動域が広がり、力も入りやすくなりました。

 

症状のある局所治療でも一時的な効果はありますが、再発を繰り返すことが少なくありません。

そのため、そこに症状が出ている原因をさかのぼって見つけ出し、アプローチすることが重要です。

また、再発予防には、日常生活での使い過ぎや誤った使い方を修正することも忘れてはいけません。

 

 

もし、手の痛みやしびれでお困りの方はご相談ください。

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから