【外反母趾】は意外と身近な病気

こんにちは。

難波にあるきっと整体院の高原です。

 

成人のおよそ30%に認められるといわれる外反母趾(がいはんぼし)。

母趾(足の親指)のつけ根が飛び出し、その先が小指側に曲がってしまった状態ですが、日本人が靴を履くようになってから足の代表的な疾患となり、痛みに耐えながら日々を過ごしている人も多い身近な病気です。

 

あなたの足は何型?

母趾より示趾(足の人差し指)の方が長い形をギリシャ型、母趾の方が長い形をエジプト型、同じ長さの形をスクエア型(正方形型)といい、日本人の場合はそれぞれ25%、70%、5%の比率と言われています。

 

最も注意が必要なのはエジプト型

体重がかかったときに足全体の均衡を保とうとして母趾のつけ根にねじれた力がかかりやすく、その力を逃すために関節が内側に変形し外反母趾となってしまうことがあるので要注意です。

 

アーチ構造は足の裏の足底筋膜という強靭な線維束によって作られますが、このうち縦のアーチが弱いタイプを偏平足、横のアーチが弱いタイプを開張足といいます。

偏平足や開張足では母趾のつけ根にねじれた力がかかりやすく外反母趾になりやすいので、要注意です。

 

また、外反母趾を発症しやすい生活習慣として、幅が狭いハイヒールが外反母趾発症のリスクを高くすると言われています。

さらに足の裏に、鶏眼(魚の目)、胼胝(タコ)がある場合は、早めの処置をお勧めします。

 

もし、足の痛みでお困りの方はご相談ください。

きっと整体院の外反母趾ページはこちら

0665569633

「ブログを見て・・・」とお電話ください。

ご予約はこちらから